Thu 2020/09/24

やるせなさ感





【 ミ・エスティーロは営業しよりまーす 】















【 ミ・エスティーロのお品 ご紹介 】は休み。


悪しからず。





先日までの連休中、


家猫はちの扁平上皮癌の状態は

益々悪くなり。



なむなむを食べると


口がかゆいのか、

前足で口をかきむしり


口の回りと前足先が

血だらけとなる

(T_T)



かきむしりを阻止するために

なむなむ直後は

頭部を撫でてやる事数分。



それが落ち着いたところのはち ↓


IMG_6826.JPG




のびのび

IMG_6832.JPG




この寝姿が

ほっとする材料とだけど


実は ↓

IMG_6839.JPG




左側奥歯周辺の腫瘍は今や

唇のとこまで漏れ出てきよるとよ ↓

IMG_6833.JPG




ミ・エスティーロを休業した連休最終日の朝 ↓

IMG_6838.JPG




仕事が休みとあって


はちとまったり過ごしましたけどね

IMG_6835.JPG




その日の夜 ↓

IMG_6842.JPG



この日がはちの


自然な姿の最後

IMG_6843.JPG




連休明けの昨日、


病院に連れて行き


3時間待ちの末



エリザベスカラーを装着された

IMG_6848.JPG




これからの残された時間を


この姿で生きていかないかん。





今後、なむなむを食べれんくなったら


鼻からチューブを入れて

胃に直接

食べ物・痛み止め・抗生剤を入れる方法を


動物病院で提案された。





飼い主として私は


そこまでして

生かしてやりたいとは思わん。




早く楽にしてやりたいのが


正直なところ。



けど、そこまでせんと


病院は

安楽死は受け入れてはくれんとの事。





やるせなさ感。















【家猫はちの最新記事】
posted by wako at 12:17 | Comment(12) | 家猫はち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
はっちゃん何歳なんだろう...と猫の
カテゴリーを遡って見させて貰いました。
2012年の猫カテゴリーの1番最初の頁が
子猫のはっちゃんでした。
名前の通りの8歳なんやね。
胃瘻はつらいなぁ・・
Posted by tomo at 2020年09月24日 12:59
ずっと気になっていました。ナムナムをリキッドタイプにするのは無理でしょうか?もちろん経口で。ご飯食べれなくなり衰弱すると自然死に近い最後を迎えられます。痛み止めも使ってるのでしょう?
いつかは我が家もと覚悟していますが冷静で入れるか。2匹で計6回入退院、今が一番落ち着いています。でもこれが何時まで続くかを考えるだけで切ないです。
Posted by オバサン at 2020年09月24日 13:12
わこさん お久しぶりです。
本当に やるせないですね。

わが家の愛猫が病気になった時、私も安楽死を考えました。
でも、そこまでしないと安楽死も選べないんですね。
知らなかった。

私は成す統べなく全てを愛猫に
任せました。

生き物は自力で食べられなくなったら寿命と考え、
食べ物と水を用意して・・

そのうち水すら顔を背けるようになり、
痩せ細るままに任せたけど・・

歩けなくなり横になったまま静かに息を引き取り
今でも あれで良かったのかと ふと思うけど

命を相手に人間が手を出せる事には限度があると、
捨てたりせずに最後までみてやれた。

死に向かう姿を見ているしかできないけど

無力だけど それだけで飼い主の役目は果たしたんだと

わこさんが どのようにしても、それは はちちゃんにとって
最も最善だと思います。

何処よりも誰よりも安心できる、わこさんの傍で
過ごせる事が、はちちゃんの幸せだと思っています。

どんなに手を尽くしても後悔が残らないなんて
ないかもしれない。

でも命が相手ですから。
食べられる間は食べさせて、食べられなくなったら
はちちゃんの細胞全てが死に向かう準備を始めたんだと
思って見守る。
飼い主は それしかできない。

はちちゃん 最後まで精一杯生きるんだよ。
Posted by 愛媛の媛 at 2020年09月24日 16:28
わこさま、こんちは。

何じゃその病院⁈
飼い主側が選ぶ権利はないの⁇
人間でもウチのお父さんのとき色々確認したよ。
我々は不自然に感じて胃ろうは選ばんかったし
人工呼吸器は使わないと書面で書いたもんです。
ニャンコさん達のが縛りがキツいの⁈
確かにモヤモヤする…

ハチの残りのニャン生少しでも
穏やかに過ごせますように。
Posted by しろたん at 2020年09月24日 19:23
先日は、保護猫とらの事で、ありがとうございました。
感謝しても、感謝しきれませんわ。

はちちゃん・・飼い主として、家族として・・母親として、わこさんには色々な想いが
交差しているんだろう事、ブログの文章を通して感じております。
さゆりに出来る事も、助言も、かける言葉も、色々と考えたんだけれど、言えば言うほど
薄っぺらく感じてしまったので、心の中ではちちゃんとわこさんの応援をさせて下さい。
わこさんが、どんな答えを出しても、はちちゃんは幸せだと思うわ。

*先日、ご協力頂いた保護猫とらですが、順調に行けば本日の夕方にトライアルに
出発する運びとなりました。
明日の朝、とらの記事をUP予定でございますゆえ、お暇がございましたら、
のぞいて見て下さい。

本当に、ありがとうございました。

さゆり
Posted by さゆり at 2020年09月25日 08:21
tomoさん、こんにちわんこです。

わざわざ過去記事を探って頂き、お手間をお掛けしました(;´Д`)
で、アタシもtomoさんのコメントを拝読して、遡って見たところ、
そーでありますっ、はちがトップバッターでしたっ!
(tomoさん、すげぇ(@_@))
そこでじわじわきましてね・・・・・(T_T)。
はちと過ごして8年かぁ・・・と。

もーね、食べれんくなったら、往診専門の先生に相談して
安楽死をと考えとります。
受入て下さるかどーかは分からんけど・・・。

tomoさんも、こてっちゃんにのこちゃんに童々、
心配続きよね・・・(T_T)
がんばろーね、お互い(´▽`)
Posted by わこ→tomoさんへ at 2020年09月25日 11:50
オバサンさま、こんにちわんこですー。

うん、ちょっと前までは、缶詰やらをすり鉢ですり潰して
水で溶いたものをやりよったけど、
今は既にリキッドタイプっての?、
テリーヌってやつを食べさせよるとよね。
昨日からエリザベスカラーを装着したら、えらい食べにくそーだけん、スプーンですくって食べさせてやりよります。

自然死が早く訪れてくれれば・・・ってのが正直な気持ち。
エリザベスカラーのせいで、通れそーな所も、がつがつ引っ掛かって、見てるのが可哀そうでね・・・・・。

オバサンさまんとこのお嬢も、辛いね・・・・・。
いつかは必ずやって来る死なんだけど、
分かっちゃいるけどたまらんよね。
オバサンさまの切なさ、よーと分かるよ。
Posted by わこ→オバサンさまへ at 2020年09月25日 11:59
愛媛の媛ちゃんっ、こんにちわんこです〜。
ご無沙汰しとります。

病院のドクター曰くはちは、そのうち顔の半分が溶けてなくなるとの事。まだそこまではいってない現状に
「今の状態で、そんな事(安楽死)は早すぎる。倫理に反する」って事でした。
で、記事中にも書いた「鼻からチューブを入れて云々・・・」、そこまでしてダメな時に安楽死は考える事だと
たしなめられたとですよ。
たしなめられたにもかかわらず、私は安楽死を望んでます。
ドクターが言われる「倫理」とはなんぞや。
今、それをずーっと考えとる所。

媛ちゃんのにゃんこさん、自然死だったとですね・・・・・。
それを看取った媛ちゃん、物凄く辛かったでしょね・・・。

私に、はちが自然に死んでいくのを看てやる覚悟が、
今はありません。
苦しい思いをさせたくない、眠るように死んでほしい、
これが願いとだけど、これは私の弱さかと。
最期を看取る勇気と覚悟がないとです。

媛ちゃん、いつも「ここぞ」の時にご登場いただき、
ほんとにありがとう・・・・・。
Posted by わこ→愛媛の媛ちゃんへ at 2020年09月25日 12:25
しろたん、こんにちわんこよー。

しろたんのご尊父が他界なさる前、そんな書面があったとね・・・。いや、勉強になります。

今掛かってる動物病院のドクターは、
安楽死を否定はされとらんとよね。
けど、
・やるだけの事をやって。(胃ろうとか)
・それでもご飯が食べれんくなって。
・出血が多量になって。
・自分で排泄が出来んくなって。

安楽死はそれからの話だって。

いやいや、そこまでなったら自然に死ぬだろ、おぃ・・・(-_-;)
ってツッこみたかったのは言うまでもなかろ?
ってか、胃ろうとか、はち(動物みんな)が望んでるかどーか、
人間には知る由もないとにね(-_-;)
そ、しろたんの言葉、「モヤモヤする」っての、それ。
モヤモヤしっぱなし。

けどもう少し、はち、がんばれそーよ(多分)

いつもありがと、しろたん <m(__)m>
Posted by わこ→しろたんへ at 2020年09月25日 12:38
さゆりちゃん、こんにちわんこー。

何を仰いますのん、さゆりちゃんっ。
さゆりちゃんを始め、はちの事で頂く言葉は、
私の気持ちが落ち着いたり、こんな悲しい気持ちは私だけじゃないんだと知ったり、皆様がはちを気にかけて下さっとる事にじわじわしよるとよ。

さゆりちゃん、ほんとにありがと・・・。

さてさて保護猫とらちゃん。
それこそアタシなんざ、愚ブログで呼びかけるぐらいの事しか出来んだったけど、トライアルの話、いかったよ〜〜(T_T)
うまくいく事を腹の底から願っとりますっ。
とら、幸せになるとい〜な〜(*^。^*)
(ってか、さゆりちゃんが保護したってだけで、強運で幸せとだけどな)
Posted by わこ→さゆりちゃんへ at 2020年09月25日 12:46
わこさん、顔の半分が溶ける!
それを見ていろと?

うちの愛猫は亡くなるまで目やにが凄くて、何でこんなにと思っていたけど、亡くなってから目やに出ていた眼を開いたら、中は眼球が溶けて空洞になっていました。

片眼だけでも眼が溶けていたことにショックだったのに、顔半分が溶ける?

それを見ていろと?

酷い獣医さんですね。

理解を得られる獣医さんに出逢えますように。
殺す為ではなく、良く頑張ったね。
もう充分だよと言って送ってあげられますように。
Posted by 愛媛の媛 at 2020年09月25日 13:29
媛ちゃん、こんにちわんこです〜。

媛ちゃんとこの愛猫ちゃん、眼球が溶けて空洞になっとったとですか・・・(T_T) 愛猫ちゃん、どんだけの痛みに耐えとったとでしょうかね・・・。亡くなってから知る事実、媛ちゃんも辛かったろーに・・・。

はい、顔半分が溶けていくだろーと。
そうなっても食べれるうちは安楽死の対象ではないと。

安楽死を申し出た私をたしなめるドクターの前で、涙を流してしまいましたよ、やるせなくて。

今既に、はちには「はっちゃん、もう頑張らんでもいいよ」
言いよります。安楽死を受け入れて下さる獣医さんを探っていこうとも思いよります。

Posted by わこ→愛媛の媛ちゃんへ at 2020年09月26日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。