Sat 2020/07/11

反対論





【 ミ・エスティーロ、営業でーす 】


















大事なとこだけん3回言います、



どこへ行っても



どこへ行っても



どこへ行っても



聞かれる、





「 袋はお持ちですか? 」





もーね、





「 やかましかーーーーーっ 」






言いたくまりますわ。


(;一_一)






「レジ袋お持ちですか教」の勧誘かよ


(-_-;)





レジ袋削減の


どこがエコなのか



アタシにはいっちょん理解出来ん

(;一_一)






で、また見付けちゃった



レジ袋削減がエコでないとの話を。




清水化学工業株式会社さんのHP




以下、抜粋


脱プラ、脱ポリ、紙袋へ切り替えをご検討のお客様へ





ポリ袋は実はエコなんです。



1. ポリエチレンは理論上、発生するのは二酸化炭素と水、そして熱。ダイオキシンなどの有害物質は発生しない。


2. 石油精製時に(ポリ)エチレンは必然的にできるので、ポリエチレンを使用する方が資源の無駄がなく、エコ。
ポリエチレンは石油をガソリン、重油等に精製した残り・余りもの。


3. ポリ袋は薄いので、資源使用量が少量で済む。


4. ポリ袋は見かけほどごみ問題にはならない。目に見えるごみの1%未満、自治体のごみのわずか0.4%。


5. 繰り返し使用のエコバッグより、都度使用ポリ袋は衛生的。


6. ポリ袋はリユース率が高い。例)レジ袋として使用した後ごみ袋として利用


7. 自治体によってはサーマルリサイクルし、
  ごみ焼却燃料になり、重油燃料の使用量がその分減少し、無駄とならない。
  総二酸化炭素排出量は、サーマルリサイクルしても、そうしない場合と大差ない。


8. ポリ袋は紙袋の70%のエネルギーで製造可能。


9. ポリ袋の輸送に必要なトラックの量は、紙袋の7分の1。


10. ポリ袋の製造に必要な水の量は、紙袋の25分の1。


11. ポリ袋は紙袋に比べ、ごみにしてもかさばらない。


12. 紙袋は再生できるものと再生できないものがある。
  ラミネート加工されているものや紐の種類によっては再生処理できない。


13. 紙袋は間伐材とはいえ森林資源を利用。



容積ベースではポリ袋は海洋プラごみのわずか0.3%なのに、現在象徴的に非難されています。
原因のウエイトと対策のウエイトが乖離しています。

環境省による海洋プラごみの実態把握調査:漂着ごみ(プラスチック類のみ)の種類別割合
ごみ問題.jpg


出典:中央環境審議会循環型社会部会プラスチック資源循環戦略小委員会(第3回)資料
https://www.env.go.jp/council/03recycle/y0312-03/y031203-s1r.pdf


( 抜粋ここまで )




全部読まれたい方は こちら ↓ クリック

清水化学工業株式会社さんのHP








【 ミ・エスティーロのお品 ご紹介 】





IMG_5905.JPG





IMG_5906.JPG





IMG_5907.JPG





IMG_5908.JPG





IMG_5909.JPG





IMG_5910.JPG





IMG_5911.JPG





IMG_5912.JPG





IMG_5913.JPG





IMG_5914.JPG





IMG_5915.JPG

5段小引き出し










清水化学工業さんのHP、


読むのがめんどくせー


と言う方のために



更に抜粋 ↓



・レジ袋有料化による海洋プラごみ削減の効果は限定的です。
 海洋ポリ袋ごみがすべてレジ袋と仮定しても、
 最大でも容積ベースで海洋プラごみ全体の0.3%の削減止まりで、
 実質的な削減効果は非常に小さいです。海洋プラごみ対策としてレジ袋を紙袋に代替しても同様です。



・日本のレジ袋使用量は年間一人当たり石油3リットル分です。
 ガソリン換算では、多めに見て普通車30km程度走行分です。


・紙袋はポリ袋の体積の7倍であり、その結果輸送車両が7倍必要となり、
 そのガソリン使用量の石油換算分だけで、
 レジ袋使用量年間一人当たり石油3リットル分は超える可能性があります。
 保管費も7倍かかり、それもエネルギー換算すると相当な量となります。


・日本のレジ袋年間一人当たり使用量である石油3リットル分の輸送に必要なガソリン量を
 仮に石油換算0.5リットルとすれば、
 紙袋に代替した場合、その輸送に必要なガソリンの石油換算が3.5リットルになり、レジ袋の使用量を超えます。


・インターネット上に海中でウミガメの前に浮遊するレジ袋の写真が多数ありますが、
 ほとんどが捏造された合成画像です。
 そのような合成画像を商用販売しているWebサイトもあり、まさに環境ビジネスです。
 捏造合成画像が、現実以上に海洋ポリ袋ごみが多いと錯覚させ、ポリ袋のみが非難されます。


・そのような合成画像の効果は強力で、世の中は、往々にして論理ではなく、イメージで動きます。
 海洋プラごみのうちポリ袋ゴミは、個数ベースでも0.6%です。合成画像は、確率論的に考えても不自然です。
 そもそも、海水の比重より1割程度低い比重のレジ袋は相当汚れ等が付着しないと海中に沈みません。


・ウミガメとポリ袋に関して、実際に調査を行った興味深い記事があります。

 本当にウミガメはビニール袋を食べて死んでいるのか調べてみた。
 http://ocean-wanderer.info/wwwp2/niconicogakkai6poster


( 抜粋ここまで )




削減削減ばっかりが叫ばれて


こーいった反対論は


メディアに出てきとらんよーな・・・





・・・・・ なんだかなぁ ・・・・・


(;一_一)  (;一_一)  (;一_一)







ほーほー、なるほどー


と思われた方は


下のバナークリック

↓  ↓  ↓










お願い申し上げー



礼。

礼.jpg






posted by wako at 12:59 | Comment(0) | ぐちり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。